健康管理のための飲酒マメ知識。

酔いのメカニズム

アルコールとの良いお付き合い

お酒に強い人と弱い人がいる理由

こんな時は運転を控えましょう

二日酔いとは?「アルコール」そのものと、「アセトアルデヒド」がポイント!

肝臓でアルコールが分解される際の酵素ALDHには1型と2型があり、日本人の半数近くが生まれつき2型の活性機能が低いか欠けています。このタイプはアセトアルデヒドの分解能力が 低いため、少量のお酒でもアセトアルデヒドが体内に蓄積され、悪酔いしやすいのです。つまり、お酒に「強い」「弱い」は、体質によるもの。体質は遺伝によるの で、努力で飲めるようにはなりません。
また、女性は男性に比べてアルコール代謝能力が劣ると言われていて、一般的に女性は男性よりもお酒に弱く、酔いやすいのです。そのため、女性が過度にお酒を飲み続けた場合、男性の半分ほどの期間で、アルコールの害を受けてしまいます。

 

※このページの作成にあたっては(社)アルコール健康医学協会のホームページを参考にしています。

  • ユーザー登録
  • 一般の方へのインタビュー
  • 飲酒マメ知識
  • 飲酒・食べ物呼気温度
  • 購入者対象アンケート
  • 類似ガスについて
  • 取扱い上の注意

会社案内

プライバシーポリシー

サイトマップ

リンクについて