健康管理のための飲酒マメ知識。

酔いのメカニズム

アルコールとの良いお付き合い

お酒に強い人と弱い人がいる理由

こんな時は運転を控えましょう

二日酔いとは?「アルコール」そのものと、「アセトアルデヒド」がポイント!

食べながら楽しく飲む。
適量のお酒はストレス解消にもつながります。仲間や家族としゃべりながら、笑いながら楽しく飲むのがベスト。また、空腹でお酒をたくさん飲むと、胃腸の粘膜を荒らしたり、アルコールが吸収されやすいために急激に血中アルコール濃度が上がり、健康を害することも。必ず食事を摂りながら飲みましょう。

 

マイペース、マイキャパシティで。
ピッチを上げて飲むと、血液中のアルコール濃度が急に高くなり、アルコールによる体の障害が生じやすくなります。とりわけイッキ飲みはアルコール中毒から死につながる危険性も。自分のペースでゆっくり飲みましょう。もちろん、飲む量も自分のキャパシティで。アルコール代謝能力には個人差があり、人によって適量は違います。

 

やめようよ きりなく長い飲み続け。
2単位のお酒(ビールなら<中びん>2本、日本酒なら2合、ウィスキーダブルなら2杯)を肝臓で分解するのに平均6時間前後かかると言われます。長い時間飲み続けると、自分の適量を超えて酒量が増えてしまい、二日酔いの原因となります。
ほどほどの時間で切り上げるようにして、節度ある飲み方をこころがけましょう。

 

薬と一緒はNG!。
お酒と一緒に薬を摂取すると、薬の作用がなくなったり、逆に強くなるなど危険です。鎮痛剤や風邪薬と一緒に飲むと胃潰瘍を起こしやすくなるとも言われています。薬と一緒にお酒を飲むのは避けましょう。

 

週2日の休肝日、定期検診も忘れずに。
アルコールを分解するために、就寝中も肝臓は休みなく働いています。そんな働き者の肝臓に、週に2日は休息を。また、肝機能の検査を定期的に受け、肝臓の健康状態を確かめることも大切です。

 
※このページの作成にあたっては(社)アルコール健康医学協会のホームページを参考にしています。

  • ユーザー登録
  • 一般の方へのインタビュー
  • 飲酒マメ知識
  • 飲酒・食べ物呼気温度
  • 購入者対象アンケート
  • 類似ガスについて
  • 取扱い上の注意

会社案内

プライバシーポリシー

サイトマップ

リンクについて